ログイン
HOME  » 四国新聞 すてきな人

四国新聞 すてきな人

2020.5.23 四国新聞で掲載いただきました。


5月23日(土曜)四国新聞で紹介されました!
 した
2020年4月22日、新聞社の取材を受けました
四国新聞社・文化・生活面「すてきな人」
四国新聞 すてきな人 やましたえみ  山下 絵美さん。  島根県出身。結婚を機に、夫の祖父の代から始めた「冨士製綿」を継ぎ、「ねむたや」として夫婦で店を経営。寝具販売に限らず、快眠を目指してさまざまな眠りの問題解決に取り組む傍ら、半年に1度ほどのペ ースで海外へ行き、ビジネスの勉強にも励む。観音寺市在住。37歳。  すてきな人  寝具に限らず、知識やノウハウを用いて多角的に眠りの悩みを解決する「ねむたや」(観音寺市)。夫とともに店を営む山下絵美さんは、「ここに来たら寝られるようになる。 そんな場所になれば」とほほ笑む。実家は整骨院。患者が明るく帰 る姿を見るうちに、人が抱える問題の解決に興味を持った。 夫の家業を継ぐ際も、「眠れる状態」を売るという考えに迷いはなく、結果が出ない時期も「眠りを解決して人を助ける」という軸だけは変わらなかった。   床擦れ予防に良い天然ゴムのマットレス、吸湿性のある羊毛の敷きパッドー。素材や体の仕組みな ど必要な知識を学びつつ、あらゆる寝具を実際に使うことで、商品 も厳選されていった。ヒアリング で正しい原因を見つけ、「変える必   要があれば、寝具を勧める」。大切 なのは誰かの問題を解決すること。  何よりのやりがいは感謝の声。 「結局、助けた人たちに助けられ て持続できているんです」。苦し  い時には見返し、力に変える。「睡 助けた人に助けられて  眠中に体を痛めている人は多い。 根本的な解決策に気づいてもらえ るよう、『ねむたや』をもっと知 ってもらいたい」。お助け上手を 目指し、全力で取り組む。  ねむたや] 検索   助けた人に助けられて持続できている
今後も応援のほどよろしくお願い致します!
四国新聞社ホームページ リンク
この記事は四国新聞社に許可を得て掲載させていただいております。リンク


テレビなどのメディア出演を通して、眠りの大切さや、
寝具の正しい選び方のポイントなどをお伝えします。

また、コラムや出版物の取材協力もさせて頂きます。
メディア出演依頼・取材はこちらよりお問い合わせください。

★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★
nemurihamakasete

2020.6.1 四国新聞「記者ノート」で掲載いただきました。


2回連続は大変光栄です!
 した
6月1日(月曜)四国新聞にもまた紹介して頂きました!
四国新聞社・「記者ノート」
「一晩寝ると、次の 日にはもう一回やって みようと思う」。取 材をしていると、こう した前向きな言葉をよ く耳にする。 女性が憧れる女性、 を紹介している「すて きな人」のコーナー。 1時間ほど話を聞く中 で、いつも感じること がある。 先日取材した女性は、本業とは別の活動 についても語ってくれ た。 店の経営に悩んで 始めたビジネスの勉 強。しかし、「単に勉 強することがたくさん あるのではない」と語 り、「勉強するとでき ることが多くなり、仕 事が増える。 すると、 その仕事に対し、した。 いことが生まれる。そ して、それを学ぶ」と 続けた。 気づけば自身がセミナーを開催したり、コンサル業を行ったり。 仕事の幅はどんど ん広がっているそう。 強い探究心とそれを行」 動に移す力。誰もが、 おろそかにしてしまい がちなことかもしれな 今日から6月。 緊急 事態宣言も解除され、 少しずつ新たな生活が 始まる。初心を忘れず 過ごしたい。(生活受 化部・森川夢菜)
今後も応援のほどよろしくお願い致します!
四国新聞社ホームページ リンク
この記事は四国新聞社に許可を得て掲載させていただいております。リンク


テレビなどのメディア出演を通して、眠りの大切さや、
寝具の正しい選び方のポイントなどをお伝えします。

また、コラムや出版物の取材協力もさせて頂きます。
メディア出演依頼・取材はこちらよりお問い合わせください。

★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★
nemurihamakasete